OZ その後



'77年のOZ解散以降のマキさんと春日さんの活動については
Hiroさんがマキさんの活動を中心に書いてくださいました。

ここでは春日さんのその後について、
私が知っているニ三の事柄に触れてみたいと思います。
何故かRC SUCCESSION 関連で知った事柄です(^^;

(参考:「遊びじゃないんだっ」 マガジンハウス刊/1990年)



◇1977〜1979 

 カルメン・マキ&OZはキティ・レコード(ポリドール)所属ですが、RC SUCCESSIONも同じだったのです。春日さんがRCのアルバム「シングルマン」を気に入ったことから春日さんとRCの交流が始まったようです。春日さんは’77年の日比谷の野音の前座としてRCに声をかけ、RCは出演したものの、すぐに帰ってしまったとのこと(^^;。ちなみに前座RCの時、客席は総座り状態だったようです。ゲストのHiroさんが覚えていないのもわかるような..(^^;;;.。
 その後OZが開店休業状態のため、春日さんはRCを手伝うようになりました。ところが、Carmine Appiceがマキさんのソロ(LAFF?)をプロデュースするにあたって、日本側のスタッフとして参加するため、'78年12月RCを抜けています(後任は小川銀次)。'79夏帰国後、またRCを手伝う様になります。シングル「気持ちE」に参加。その他のRCの曲作りにもかかわっていたようです。
 

◇1979〜1983 白竜・NOIZ

 その後、白竜(どのようなバンドだったのか、ご存知の方お教えください)を経、1980年NOIZを結成。メンバーは春日博文・川上茂幸の元OZ組にVocal人見げんき(後、VOW WOW)。
 春日さんは、その間もRCの助っ人として活躍。1981年、渋谷東映「真夜中のロック・ショー」、1982年、品川プリンスホテル「ヘンタイよいこ白昼堂々秘密の大集会」参加。
 管理人は「ヘンよい」で春日さんを初めて観ることになりました。まさか春日さんが参加するなんて知らなかったので感動でした!「ヘンよい」は盛り沢山の内容のイベントでしたよ(^^)。その後「ぴあ」でNOIZのライヴを知り、吉祥寺「曼荼羅」で観たのですが、演奏内容をあまり覚えていません(^^;;。初めてのライブ・ハウス体験で、付き添いに友人の友人を頼むという実に緊張を強いる状況だったのです。そのうえ、客は全部で6名だったし...(^^;;;。NOIZの曲はわりとポップなハードロックという印象でした。OZへの思い入れが強過ぎて、「これはOZではない...」と少々失望したことも確かです(すみません)。でも春日さん、シゲさんのプレイをを真近で見るというのも凄いことでした。さらにVocalがまだ初々しかった頃の人見元基でしたし(笑)。尚、NOIZのアルバムには忌野清志郎&仲井戸(チャボ)麗市も助っ人参加しているようです。
 また春日さんは、ドクトル梅津バンド+清志郎の「DANGER」('82)にも関わっていたようです(LPを処分してしまったので詳細が確認できません(-_-;))。

◇1984〜1990 RCや仲井戸(チャボ)麗市・バンドで活躍。

  その後、何度か春日さんがRCやチャボ(仲井戸麗市)のソロ・バンド等で参加する姿を観ています。ギターだけでなく、ドラムスも担当していたので驚いた覚えがあります。特に「絵」でのチャボ・バンドのライヴは熱かった!小さなライヴ・ホールで観たから余計そう思うのだろうか?
 春日さんは、以下に紹介するチャボのソロ・アルバムのプロデュースや、RC SUCCESSIONでのプロデュース&ドラムス参加をしています。
 

アルバム




「THE NAKAIDO REICHI BOOK」
仲井戸麗市

1985年/東芝EMI
       収録曲


 1.別人
 2.カビ
 3.BGM
 4.ティーンエイジャー
 5.秘密
 6.打破
 7.早く帰りたい PARTU
 8.MY HOME
 9.月夜のハイウェイドライヴ
 10.ONE NITE BLUES
 11.さらば夏の日 '64 AUG. 
  

 ALL SONGS ARRANGED BY
     REICHI NAKAIDO
          +
    HIROHUMI KASUGA

 春日さんは6の1st.ソロパートを
弾いています。
MUSICIANS


 REICHI NAKAIDO(G.Vo.)

 HIROHUMI 'HACHI' KASUGA(G.)
 KOZO NIIDA(Dr.)
 RINKO WHATSHOW(Ba.)


 YOICHI OKABE
 KATSUHITO MAEDA
 KAZUTOKI UMEZU
 HIROAKI KATAYAMA
 KIYOSHIRO
 G2WO



Produced by
 Hirohumi 'HACHI' Kasuga
Directed by
 Yoh Kumagai




「絵」
仲井戸麗市

1989年/東芝EMI

 1.ホームタウン
 2.夜のピクニク
 3.ジャングル
 4.ムード21
 5.少女達へ
 6.グロテスク〜インターミッション
 7.慕情
 8.ねぇHISAKO〜自由の風
 9.エピローグ
 10.ホーボーへ
 11.スケッチ'89夏
 12.潮騒



  All songs arranged by
 KASUGA 'HACHI' Hirohumi
         &
    NAKAIDO Reichi
  except"Intermiission" by
       HACHI



NAKAIDO Reichi(G.Vo.)

KASUGA "HACHI" Hirohumi(G.)
KOBAYASI Kazuo(Ba.)
NIIDA Kozo(Dr.)
 

MAEDA Katsuhissa
 

Produced by
 KASUGA 'HACHI' Hirohumi

NAKAIDO Reichi

Directed by
 KUMAGAI Yoh




「BABY A GO GO」
RC SUCCESSION

1990年/東芝EMI

 1.I Like You
 2.ヒロイン
 3.あふれる熱い涙
 4.June Bride
 5.うぐいす
 6.Rock'n Roll Showはもう終わった
 7.冬の寒い夜
 8.空がまた暗くなる
 9.Hungry
 10.忠実な犬(Doggy)
 11.楽(LARK)



  春日さんのドラムスが聴けます。

Kiyoshiro Imawano(Vo.)
Reichi Nakaido(G.Vo.)
Kazuo Kobayashi(Ba.)

Hirofumi 'Hachi' Kasuga(Dr.)
Kozo Niida(Dr.)(onM-3,9)


Producer
Hirofumi 'Hachi' Kasuga
Co-Producer
& Recording Engineer
Henry Hirsch&David Domanich

 1990年7月、RCの横浜アリーナ「SUPER JAM」に春日さんはドラムスとして参加。キーボードは厚見玲衣(元VOW WOW)。管理人は8月12日、菅生での「R&Rオリンピック」で観ていた。


◇1991年以降

 すみません。RCも解散状態になり、私もほとんど邦楽から遠ざかっていたので、春日さんの情報もあまり目にすることが無くなりました。しかし、春日さんはマキさんの「UNISON」のプロデュースをしたり、1995年のMOSESのLIVEに川上シゲさんとゲスト出演し、「午前一時のスケッチ」「空へ」を演奏したり(最近WOW WOWの映像を観ることができました(^^)v)、マキさんとライヴでの共演が多くなったようです。Netでは情報が満載だったと言うのに気がつきませんでした(^^;;; そして2001年にはマキさんと春日さんでOZの「私は風」を演るとは!! 

 最近のお二人については、それぞれのオフィシャル・サイトをご覧ください。
 




[BANDS] [MAKI & OZ] [アルバム] [火の鳥へ!] [その後] [HOME]