CARAVAGGIO: The Final Years

      
l'ultimo tempo   1606年-1610年

         
      ―  晩年期作品展 ―
  「CARAVAGGIO : The Final Years」と題して、晩年期作品にスポットを当てた展覧会が、ナポリとロンドンで開かれます。

ナポリのカポディモンテ美術館では、下記の通り2004年10月23日から展覧会が始まりました。

2004年11月初め、展覧会を観てきました。Reportをあわせて紹介したいと思います。
    
  
 CARAVAGGIO:l'ultimo tempo 1606-1610
  
期間 : 2004年10月23日〜2005年1月23日
  場所 : 

         
企画展: http://www.caravaggioultimotempo.it/eng/index.html
         
作品リストhttp://www.caravaggioultimotempo.it/eng/opere_elenco.html

 CARAVAGGIO: The Final Years 1606-1610
  期間 : 2005年2月23日〜5月22日
  場所 : 

        
 企画展: http://www.nationalgallery.org.uk/exhibitions/caravaggio/default.htm
 
      
1606年ローマ、CARAVAGGIOは球技ゲームの争いから人を殺めてしまいます。裁判で死刑を宣告されたCARAVAGGIOはローマを逃れ、当時スペイン領だったナポリ、そしてマルタ島・シチリア島と移り、ナポリを経てポルト・エルコレに漂着しますが、ローマからの恩赦の知らせを待ちながら、マラリアによる死を迎えることになりました。このローマ逃亡から1610年の死に至る晩年期の作品を中心とした展覧会です。  

CARAVAGGIO: l'ultimo tempo 1606-1610

               
国立カポディモンテ美術館(ナポリ) カポディモンテ美術館前看板

―  ナポリポディモンテ美術館 展覧会緊急Report ―
  
作品リストを展示室の順に並べて緊急リポートします。
後日、画像・解説等を入れて、改めてReportに鑑賞記として掲出する予定です。

(アバウトな管理人なので誤表記等がありましたら、どうぞご指摘ください(^^;)


 
ナポリの街にはCARAVAGGIO展の看板が見られ、市民的にもかなり注目度も高く、タクシー運転手までカポディモンテと言うと「CARAVAGGIO」と言うくらいだった。美術館の中庭から入り口まで、CARAVAGGIO袖看板(?)が道なりに並び、美術館側の盛り上げ方も上手い(笑)

 展覧会場には2日間通った。1日目は教師に引率された学生の団体がひっきりなしに往来するという活況を呈した会場風景が見られたが、もちろん大人のグループも多く、この展覧会の人気の程がわかる。しかし、私的には静かに浸って観たかった。という事で、翌日ももちろん通った訳だ(笑)。運良く(?)、2日目は前日よりも団体客が少なめで、心行くまで楽しむことができた(^^)



 
作  品  名 制 作 年 ・サ イ ズ 所  蔵  先 都  市
          
 第1室      
           
 エマオの晩餐  1601  ナショナルギャラリー  ロンドン
 Supper at Emmaus  Oil on canvas  National Gallery  London
 La Cena in Emmaus  139 x 195 cm  National Gallery  Londra
 エマオの晩餐  1606  ブレラ美術館  ミラノ
 Supper at Emmaus  Oil on canvas  Pinacoteca di Brera  Milan
 La Cena in Emmaus     141 x 175 cm  Pinacotaca di Brera  Milano
 慈悲の七つの行い  1606  ピオ・モンテ・デッラ・ミゼリコルディア教会  ナポリ
 The Seven Acts of Mercy  Oil on canvas  Church of Pio Monte della Misericordia  Naples
 La Opere di Misericordia    390 x 260 cm  Chiesa del Pio Monte di Misericordia  Napoli
 キリストの笞打ち  1607  カポディモンテ国立美術館  ナポリ
 Flagellation  Oil on canvas  Museo Nazionale di Capodimonte  Naples
 Flagellazione  390 x 260 cm  Museo Nazionale di Capodimonte  Napoli
 円柱のキリスト (ティツィアーノ)  Oil on canvas  個人蔵   ジェノヴァ
 Christ at the Column    Private collection  Genoa
 Crist alla colonna(Tiziano Vecellio)    Collezione privata,gia  Genova
 聖アンデレの磔刑  1607頃  クリーヴランド美術館  クリーヴランド
 The Crucifixion of St Andrew  Oil on canvas  Museum of Art  Cleveland
 Crocifissione di Sant'Andrea   202,5 x 152,7 cm  Museum of Art  Cleveland
    

 CARAVAGGIOの肖像画の展示されている入口から展覧会場に入場するや、右手壁に並ぶ2枚の「エマオの晩餐」が目に飛び込む。左にブレラ作品、右にロンドン作品だ。それぞれ別々で観た2枚を並べて観るのは壮観だ!これだけでも来た甲斐があると言うものだ。ロンドン作品の丹念な筆致と色彩溢れる画面は輝きを放っている。過剰なまでの技法の洪水が溌剌としたエネルギーとなって気持ち良い。このロンドンの生気に満ちた画面構成をそのまま移行したようなその隣のブレラ作品は、しかしながら、褐色を基調とした内省的な静けさに満ちて、CARAVAGGIOの心の移ろいをも映しているようだ。2枚並べて眺めると、右の動と左の静が際立つように感じられる。キリストであることに気がついた驚きと、集中、その一瞬の時の流れがCARAVAGGIOの身にとってはあまりにも皮肉な時の大きな隔たりとなっている。ブレラ作品のキリストはその表情の静謐さ故にどこか深く惹き込まれてしまう。

 尚、2004年夏のNYメトロポリタン美術館「Realityの画家たち展」ではロンドン「エマオ」とピッティ「歯抜き」が並んで展示されていた。帰属問題で議論されている「歯抜き」の画面の保存状態は悪く、絵画自体の質もCARAVAGGIO作品としては決して良いとは言えない。が、驚くことに画面構成が良く似ているのだ。祝福する手と苦痛の手の短縮法の相似も興味深い。世俗画としての野卑な側面を強調する解説が多いが、ド・シロートは2枚の絵を眺めながら、もしかして歯を抜かれる男はキリストの受難の暗喩、通じて画家自身の自嘲ではないだろうかと勘ぐってしまった(^^;;


          
ミラノ「エマオの晩餐」 ロンドン「エマオの晩餐」 フィレンツェ「歯抜き」

参考Reportロンドン篇カラヴァッジョ展


 エマオの壁から右を見る。入口すぐ左手壁にはクリーヴランドの「聖アンデレ」だ。十字架上のアンデレの目に涙を見た。この作品の素晴らしさは立体的な画面構成を狙っていることにあるような気がする。画面向かって右の兵士の甲冑肘の光沢が、観る者に向かって飛び出しているように錯覚させるトロンプイユ効果を創出している。CARAVAGGIO特有のスポットライト光を効果的当てながら襞のように奥行きを与える。左老婆の写実的でありながらやや沈んだ色調には意外な後退感があり、老婆、中央十字架の聖アンデレと後ろ向きの男、耳を浮かび上がらせる男、そして右手前面の甲冑兵士と、奥行きの漸進法とも言うべき効果が臨場感溢れる画面として描かれている。CARAVAGGIOの凄さはその技巧を超え、やはり聖アンデレの表情を描き尽くしているところにある。ちなみに闇に沈む部分は結構手を抜いている(^^;

 「聖アンデレ」の右側壁であり「エマオ」2枚並対面の壁にはミゼリコルディアの祭壇画「慈悲の七つの行い」が圧倒的迫力の大画面でど〜んと迫ってくる。教会では祭壇画として少し離れた位置から観たのだが、作品として目の前にあると予想以上の大きさと渦巻く熱気に驚く。多数の登場人物を交通整理する手腕は凄い。ローマからナポリへと逃れてから日が浅い画家は未だ精力に満ちていたに違いない。人物像に落ちる光の交錯する様はルーヴルの「聖母の死」を想起させる。ペロはウィーンで観たばかりの「ロザリオの聖母」のモデルと同一人物だろう。天井の聖母子と天使たちの空間が不思議な美しさに満ちている。作品として観て、改めて凄い作品だと思った。展覧会期間中不在のミセリコルディア教会は寂しいに違いない。

参考Reportナポリ


 「ミゼリコルディア」の右壁であり「聖アンデレ」の対面壁には、左「キリストの笞打ち」と右ティツィアーノ「円柱のキリスト」が並ぶ。前回このカポディモンテ特別室(!)のスポットライトで観た「笞打ち」は、今回明るい照明の下で他作品と並んでいた。身をよじるキリストのミケランジェロ的美丈夫な筋肉表現はCARAVAGGIOとしてはこの時期特有のものかもしれない。ルーアン作品を想起した。キリストの顔を背けた沈痛な表情と相変わらず笞打ちの役人たちは憎たらしげな表情描写が良い。サド・マゾ感がある(^^;。キリストを縛る向かって右側の男の額の光は印象的だ。この光のスポットライト効果は「聖アンデレ」へと続くのだろう。しかし、前回観た時の美術館スポットライトは今回以上に効果的で素晴らしかった...。展覧会後はまた戻るのだろう。なお、「笞打ち」の詳細な感想は<Report:ナポリ篇>を参照いただきたい。

 この「笞打ち」のキリストは目を伏せているが、隣に並ぶ参考作品であるティツィアーノ「円柱のキリスト」は上目で、グイド・レニ作品に良く見られるが、神との対話か?作品制作時期はダブリンの目を伏せる「エッケ・ホモ」より遡るだろうが似ている作品だ。CARAVAGGIO作品を観ていると、ロンバルディアの画家たちからだけではなく、ベネチア派の巨匠テツィアーノの影響を感じることが多々ある。展覧会の企画者側としてはそれを強調したかったのだろうが、ルーアンの「円柱のキリスト」と並べれば、より効果的だったと思う。ちなみに、ゲストのRUNさんも同調されていたが、ティツィアーノもサド・マゾっぽい(笑)

 それにしても、第1室は第1次ナポリ滞在からマルタ滞在期の1606年-1607年ごろ作品なので、まだCARAVAGGIOの気力が満ちた仕事ぶりが堪能でき、流石に傑作中心の充実の展示内容だった。、

      
    
 第2室       
       
 眠るアモル  1608  ピッティ美術館  フィレンツェ
 Sleeping Cupid  Oil on canvas  Galleria Palatina (Palazzo Pitti)  Florence
 Amorino Dormiente  71 x 105 cm  Galleria Palatina di Palazzo Pitti  Firenze
 マルタ騎士団員の肖像  1608  ピッティ美術館  フィレンツェ
 Portrait of Alof de Wignacourt  Oil on canvas  Galleria Palatina (Palazzo Pitti)  Florence
 Ritratto di un Cavaliere di Malta  118,5 x 95,5 cm  Galleria Palatina di Palazzo Pitti  Firenze
 聖女ルキアの埋葬  1608  ベッローモ美術館  シラクサ
 Burial of St Lucy  Oil on canvas  Bellamo Museum  Syracuse
 Seppeliment di Santa Lucia   408 x 300 cm  Museo Bellomo  Siracusa
 ラザロの蘇生  1609  シチリア州立美術館  メッシーナ
 The Raising of Lazarus  Oil on canvas  Museo Regionale  Messina
 Resurrezione di Lazzaro   380 x 275 cm  Galleria Regionale della Scilia  Messina
 羊飼いの礼拝  1609  シチリア州立美術館  メッシーナ
 doration of the Shepherds  Oil on canvas  Museo Regionale  Messina
 Adorazione dei pastori  314 x 211 cm  Galleria Regionale della Scilia  Messina
    

 第2室に入ると、すぐの右側壁には、左「マルタ騎士の肖像」、右「眠るアモル」が並べて展示されていた。両作品ともフィレンツェのピッティ美術館パラティーナ絵画館所蔵である。
 「マルタ騎士の肖像」は以前には騎士団長アロフ・ド・ヴィニャクールの肖像と見なされていたが、近年メッシーナ支部長アントニオ・マルテッリであることがわかった("The Identity of Caravaggio's'Knight of Malta"  Burlington Magazine)。イタリア人っぽくずんぐり体形の騎士である。マルタ十字の白が光を撥ね返し印象的だ。間近で見ると筆のタッチがやや粗そうに思えたが、離れて見ると質感を上手く出しているのがさすがである。剣の逆光を描写する線状の筆致に「ああ、CARAVAGGIOだ…」と妙に納得してしまった(^^;;。ちなみに、手はちょっと手抜きだけれど(笑)。
 「眠るアモル」は眠っている幼児をそのまま描写したような感じを受ける。箙を枕にした肩や腕の付け根、下腹部のくびれなど、皺がなんともリアルだ。可愛らしいはずのアモルがどことなく陰鬱なのは背後の深い闇と、差し込む光が黄昏色だからかもしれない。アモルの束の間の眠りが何故か永遠の眠りのような気がする。ちなみに、幼児の死体を描いた説もあるようだが本当だろうか?


                   
フィレンツェ「マルタ騎士の肖像」 フィレンツェ「眠るアモル」


             
シラクサ「聖女ルキアの殉教」 メッシーナ「ラザロの蘇生」 メッシーナ「羊飼いの礼拝」



   
 第3室      
       
 瞑想の聖フランチェスコ  1606  市立ポンツォーネ絵画館  クレモナ
 St Francis  Oil on canvas  Pinacoteca, Cremona  Cremona
 San Francesco in meditazione  130 x 190 cm  Museo Civico ”Ala Ponzone” Pinacoteca  Cremona
 受胎告知  1608-09  ナンシー美術館 ナンシー
 The Annunciation  Oil on canvas  Musee des Beaux-Arts  Nancy
 Annunciazione  285 x 205 cm  Musee des Beaux-Arts  Nancy
 洗礼者の首を持つサロメ(新帰属提案作品)    個人蔵  
 Salome with the Head of St John the Baptist  Oil on canvas  Private collection   
 Salome con la testa di Giovanni nel bancino  91.8 x71.5cm  Collezione privata  
        
      
クレモナ「瞑想の聖フランチェスコ」 ナンシー「受胎告知」
 第4室        
        
 洗礼者の首を持つサロメ  1609  王宮  マドリード
 Salome with the Head of St John the Baptist  Oil on canvas  Royal Palace  Madrid
 Salome riseve la testa del Battista   116 x 140 cm  Palazzo Reale  Madrid
 洗礼者の首を持つサロメ  1607頃  ナショナルギャラリー  ロンドン
 Salome with the Head of St John the Baptist  Oil on canvas  National Gallery  London
 Salome riseve la testa del Battista   90,5 x 167 cm  National Gallery  Londra
 ゴリアテの首を持つダヴィデ  1609-10  ボルゲーゼ美術館  ローマ
 David with the head of Goliath  Oil on canvas  Galleria Borghese  Rome
 David con la testa di Golia  125 x 101 cm  Galleria Borghese   Roma
 洗礼者聖ヨハネ  1610  ボルゲーゼ美術館  ローマ
 St John the Baptist  Oil on canvas  Galleria Borghese  Rome
 San Giovanni Battista  159 x 124 cm  Galleria Borghese  Roma
 聖ペテロの否認  1610  メトロポリタン美術館  ニューヨーク
 The Denial of St Peter  Oil on canvas  The Metropolitan Museum of Art  New York
 Negazione di Pietro  94 x 125 cm  The Metropolitan Museum of Art  New York
 聖女ウルスラの殉教  1610  イタリア商業銀行コレクション  ナポリ
 The Martyrdom of St Ursula  Oil on canvas  Banca Commerciale Italiana  Naples
 Martirio di Sant'Orsola   154 x 178 cm  Palazzo Zevallos,Collezione Banca Intesa   Napoli
       


休憩コーナー


 
 「洗礼者聖ヨハネの斬首」(ヴァレッタ・聖ヨハネ大聖堂)
実物大写真パネル

 
 
「円柱のキリスト」(ルーアン美術館)と「聖ヒエロニムス」(聖ヨハネ大聖堂)
実物大写真パネル

右のモニターではCARAVAGGIO全作品検索や、イタリアのCARAVAGGIOTV番組映像が見られた。
また、前方の丸テーブルには図録が置いてあり、休憩しながら読むことができる。ちなみに、絵画を展示している部屋には椅子は置いていない。

 休憩コーナー(実物大写真パネル)       
       
 洗礼者聖ヨハネの斬首  1607  聖ヨハネ聖堂美術館  ヴァレッタ
 Beheading of Saint John the Baptist  361 x 520 cm  St John Museum  Valletta 
 聖ヒエロニムス  1607  聖ヨハネ聖堂美術館  ヴァレッタ
 St Jerome  117 x 157 cm  St John Museum  Valletta
 円柱のキリスト  1607  ルーアン美術館  ルーアン
 Christ at the Column  134,5 x 175,5 cm  Musee des Beaux-Arts  Rouen
       

 休憩コーナーには何と実物大写真パネルが3点展示されていた!ナポリからマルタ島へ渡ったCARAVAGGIOがヴァレッタを根拠地としていた聖ヨハネ騎士団の聖ヨハネ大聖堂のために描いた「洗礼者聖ヨハネの斬首」、騎士団長アロフ・ド・ヴィニャクールをモデルにしたと言われる「聖ヒエロニムス」、それにルーアン美術館にある「円柱のキリスト」の3作品である。
 注目すべきは「洗礼者聖ヨハネの斬首」であり、これは展示されている絵画館兼の祈祷堂奥の壁にあり、祈祷台とロープで仕切られているので一般人は絵の前に近寄れないのだ(T_T)。よって、有名な首からの血を描いた筆で記した「fra.Michera...」のサインは肉眼で観察できない。ところが、今回の写真パネルでは、その首からの血とサインがしっかりとわかる。これは収穫だった。今回のパネル自体の写真は黄ばんでいるが、実際マルタで観た時は修復を終えたばかりで清冽な青味を帯びたような白色光を感じたものだった。
 やはり、後の2枚も実物の姿を写せないのは仕方が無いが、実物の大きさが実感できることは重要である。それにしても、聖ヨハネ聖堂が貸出しをしないのは理解できるが、ナンシー美術館が貸出しをして、ルーアン美術館がしなかったのは何故だろう?
カポディモンテの「キリストの笞打ち」と「円柱のキリスト」を並べて観たかったのに...。

<参考Reportマルタ篇 (ルーアンは未だ(^^;;)>
 
  
参考:ルーアン美術館の「円柱のキリスト」 ピンボケです(^^;; 
 (マルタでは自動フラッシュのカメラしか持参しなかったので写真が撮れませんでした(涙)


 第5室(新帰属提案作品)      
       
 祈る聖フランチェスコ  1606  バルベリーニ絵画館  ローマ
 St Francis in meditation  Oil on canvas  Galleria Nazionale d’Arte Antica of Palazzo Barberini  Rome
 San Francesco in meditazione  125 x 93 cm  la Galleria Nazionale d’Arte Antica di Palazzo Barberini  Roma
 井戸端の洗礼者ヨハネ    個人蔵  ローマ
 St John the Baptist at the Well    Private collection  Rome
 San Giovannino alla sorgente    collezione privata  Roma
 井戸端の洗礼者ヨハネと子羊    個人蔵  
 St John the Baptist at the Well with a lamb    Private collection  
 San Giovannino alla sorgente con agnello    collezione privata  
 エッケ ホモ    個人蔵  
 Ecce Homo    Private collection  
 Ecce Homo    Collezione privata  
         
 第6室(失われたCARAVAGGIO作品のコピー)      
       
 法悦のマグダラのマリア  17世紀作品  ボルドー美術館  ボルドー
 Magdalene in ectasy-Unknown author of the 17th century    Musee des Beaux Arts  Bordeaux
 Maddalena in estasi-Ignoto del XVII secolo     Musee des Beaux Arts  Bordeaux
 法悦のマグダラのマリア     個人蔵  バルセロナ
 Magdalene in ecstasy-Wybrandt de Geest -    private collection  Barcelona
 Maddalena in estasi-Wybrandt de Geest    collezione privata  Barcellona
 ユディットとホルフェルネス  17世紀作品  ピニャテッリ美術館  ナポリ
 Judith and Holofernes-Unknown author of the 17th century    Museo Pignatelli - Sanpaolo Banco di Napoli collection  Naples
 Giuditta e Oloferne-Ignoto del XVII secolo    Museo Pignatelli - collezione Sanpaolo Banco di Napoli  Napoli
 聖フランチェスコと聖ロレンツォのいる生誕(パレルモの生誕)  パオロ・ゲラーチ作品  カターニャ市立美術館  カターニャ
 Nativity with Saints Francis and Lawrence-Paolo Geraci    Museo Civico di Castello Ursino  Catania
 Nativita con i Santi Lorenzo e Francesco-Paolo Geraci    Museo Civico di Castello Ursino  Catania
       


2004/11/14更新
2004/10/22 UP

戻る