簡単な CARAVAGGIOについて     
略歴は Profileにて別途掲出しています。
     

Michelangelo Merisi da CARAVAGGIO
オッタビオ・レオーニ 筆
青い紙に赤と白のチョーク 23.4X16.3cm
フィレンツェ Biblioteca Marucelliana 所
 CARAVAGGIO (1571?〜1610)
 ( Michelangelo Merisi da CARAVAGGIO )
                                 
 本名: Michelangelo Merisi (ミケランジェロ・メリージ)
 通称: CARAVAGGIO(カラヴァッジオ)    
 愛称: Michele(ミケーレ)

  イタリア北部ミラノに近いベルガモ県CARAVAGGIO村出身

 CARAVAGGIO(1571?〜1610)は本名ミケランジェロ・メリージ(Michelangelo Merisi)。北イタリアのミラノに近いベルガモ県CARAVAGGIO村出身で、画家の通称「CARAVAGGIO」はここから来ている。

                     CARAVAGGIOの生涯は絶えない暴力事件・殺傷沙汰に彩られている。ミラノの徒弟時代から殺傷沙汰を起こしていたらしい。ローマに出てきてからも数々の暴力事件・殺傷沙汰を繰り返し、遂には1906年、球技での喧嘩が元で友人を殺してしまいローマを追われる。ナポリ・マルタ・シチリアと流浪の末、1610年スペイン領ポルト・エルコレで熱病に犯され、ローマ法王の恩赦を待ちながら38歳の波瀾の生涯を閉じる。

 しかし、複雑な性格を持ったCARAVAGGIOではあるが、画家としての彼はイタリア美術史に傑出した足跡を残している。 CARAVAGGIOが画家としての道を歩み始めた16世紀後半は、美術史的には後期マニエリズムの時代にあたる。北イタリアでの修行時代から養われた彼の自然主義的芸術感はマニエリスムとは拮抗するものだった。CARAVAGGIOは初期バロックの画家として名を残す事となる。

 初期のCARAVAGGIO作品では優れた自然主義的写実による静物画や世俗画を多く描いている。やがてデル・モンテ枢機卿等の庇護の元、教会用の宗教絵画を多く描くようになり、その革新的な表現力を深めて行くこととなる。特に画面を支配する劇的な構成と写実描写、そして光と闇の明暗法はカラヴァッジオ絵画の大きな特徴といえる。明暗法のスポットライト的な効果は宗教性の表現を際立たせると共に、闇に込められた精神性を見る事ができる。後期には闇が画面を大きく侵食し始め、画家の精神的内面を物語るかのようだが...。                     

 彼の明暗法による革新的な絵画の影響はイタリア国内だけではなく、ヨーロッパ各地の画家たち。特に北方フランドール地方の画家たちに影響を与えた。ルーべンスやレンブラント、フェルメールにまで影響を与えたとも言える。


戻る